個性を引き出すオリジナルTシャツの作り方|手軽に挑戦できる服作り

服

用途に応じてタイプを選ぶ

Tシャツ

校正をする

オリジナルでtシャツを作成するのであれば、プリントするデザインと素材を選ぶところから始まります。まずは、デザインのデータの校正をしてみます。業者によってプリントできる場所や料金が異なるので、その点も考慮して決めていく必要があります。基本的には、背面や前面や腕の部分などから選べます。もちろん、腕と背面のように複数指定できるところもありますが、その分一か所に付き料金が必要になります。また色は、一色だけを使う方法もありますが、カラフルにしたいときには複数の色を使ってもらうことができます。その点も、デザインによって異なるので、見積りの時に確認をしておくことが大切です。金色などの特別色も指定することができるところもあり、仕上がりもイメージに近づけることができます。金額はtシャツ本体代と材料費と手数料などが必要になります。

イメージ通りにできる

業者によって異なりますが、転写プリントをしているところではデザインデータをもとにそのままプリントができます。そのため、写真などを入れたいという人はこちらの方法することによって、メリットが大きいです。また、オプション料金を支払うことによって、特殊な加工をすることもできます。例えば、ラメを入れることによってキラキラとしてきれいにすることができます。そして、袖プリントをすることによって、サークル活動の時のユニフォームのように使うことができます。また、tシャツの色や素材も選ぶことができ、メッシュタイプのtシャツにすることで夏に重宝します。インターネットを通して依頼をすることによって、料金も安めになり数量を多くすることによってより単価を抑えられます。

このエントリーをはてなブックマークに追加